鍋ちゃん焼き鳥:日本食のエチケットのガイド

なべちゃん焼き鳥は、何度も訪れたくなるような本格的な日本料理を幅広く提供する、ナンバーワンの日本食レストランです。伝統的な日本料理からモダンな日本料理まで、豊富なメニューをご用意しております。 

ご家族やご友人とお食事をしたい方に最適なレストランです。ゆったりとしたお部屋とゆったりとしたお部屋をご用意しておりますので、窮屈さを感じることなくお互いの会社をお楽しみいただけます。 

覚えておくべき日本のエチケット  

日本の友人や仕事仲間と食事をする場合は、日本文化で厳守されているエチケットに注意する必要があります。覚えておくべき次のテーブルマナーは次のとおりです。

箸の使用

これは、日本食レストランで食事をするときに練習する必要がある最も重要なエチケットです。箸を使うことは当初から国の文化であり、それは食べ物を食べる主な方法として認識されています。 

箸の扱い方がわからない場合は、いつでも初心者から始めることができます。洋食器に慣れている方は、箸の使い方の参考資料やガイドを探すことができます。 

箸を使う際のルールは次のとおり

  • です。箸を誰かに向けないでください。
  • 食べ物の上で箸を振り回さないでください。
  • お箸を皿に向けて何かを見せないでください。
  • 口で箸のタレをふき取らないでください。 
  • 箸をこすらないでください。 
  • それらと遊んではいけません。
  • 箸を刺して食べ物を持ち上げないでください。
  • 箸を使って食べ物を渡さないでください。

タオルを使って手を拭く

覚えておくべきもう1つのテーブルマナーは、タオルを使って顔や首を拭かないことです。代わりに、あなたはあなたの手をきれいにするためにそれを使うべきです。使用後は折りたたんで脇に置いてください。 

あいさつ

食事を始める前に、「謙虚に受け取る」という意味の「ただきます」と言う必要があります。これは、テーブルで調理された料理に対する敬意の表れです。 

食べた後は、料理人と食材に感謝の気持ちを込めた「ごちそうさまでした」や「ごちそうありがとう」と言っても過言ではありません。 

椀の使い方お椀に盛り付けている

お場合は、口に近づけて手に取って食べるのが正しい方法です。ただし、より大きなボウルが提供される場合は、それらを拾わないことは許容されます。  

食事後の片付け食事が

終わったら、食事の最初の状態に戻す必要があります。これは良い方法と考えられており、常に従う必要があります。このエチケットには、お椀や他の皿の蓋を元に戻し、箸置きに箸を置くことが含まれます。

コメントする